東京のシェアハウスに住もう!専門サイト徹底比較!!

home > 東京のシェアハウスについて > 東京にあるシェアハウスの居住者はどんな人が多い

東京にあるシェアハウスの居住者はどんな人が多い

東京や大阪と言った大都市を中心に広まっているのが、シェアハウスです。このシェアハウスとは、普通の賃貸住宅とは違い、いろいろな物をシェアしながら暮らすことになる共同体のようなものかも知れません。つまり、確実に自分が一人になれる場所は、自身が寝るだけの場所しかなく、その他の場所は全て住人の共同となると言うことです。入り口から、キッチン、トイレ等においては、全員が同じ場所と言うことになり、寝る時だけが自分のスペースと言うことになります。このスペースには、鍵がかかることになり、誰もが自由に入ることは出来ません。もし、一人で考えごとをするとなると意外と難しい場所なのかも知れません。以前は、外国からの旅行者とか出張で来日すると言った外国人が多く利用していましたが、今では日本人の数が増えていて、日本人の住まいになって来ている感じもします。

居住者の多くは、一生この場に住むと言う考えはないようです。一部の人間には、このシェアハウスを利用して、外国語を覚えるために住まいとしていると言われます。外国人が多いことで、普段の会話が成り立ちます。日本語を覚える外国人と外国語を覚える日本人との奇妙な成り立ちが上手くいくことも多くあるようです。更に、孤独を避けるために住むと言う居住者も多くなりました。都会へ出て来て、友達が出来ずにいた所、このシェアハウスに住むことで、友人が出来たと言う話も聞こえて来ます。意外とシャイと思われた日本人ですが、孤独を愛する人より、集団生活を望む人が多くなったのは、意識改革が相当進んでいるのかも知れません。キッチンにいることで、誰か彼が話し合い手になる傾向が大きく、人見知りのしない人間作りにも役立つ暮らしになっているとも考えられます。

このシェアハウスの良さは、気軽に入居出来ることにあります。住むと言うことに対しては、その必要とされるものは用意されていると言って良いでしょう。入居費用として、保証金を積むだけで良いことになり、一般のアパートやマンションに入るようなお金は、必要ありません。1ヶ月分の費用だけを用意出来ることで入居が可能になることから、その差額は相当な違いと言えることになります。敷金、礼金、前家賃などを支払うと軽く50万円はかかる時代には、この保証金だけで済むことは、非常に嬉しいことになります。また、部屋を出る時には、返済されることも嬉しいことになります。そしてシェアハウスは、立地条件が良い所が多く、どこへ行くにも便利な場所にあることが、多くなっています。通勤や通学に便利なことも、嬉しい条件になっています。

次の記事へ