東京のシェアハウスに住もう!専門サイト徹底比較!!

home > 東京のシェアハウスについて > シェアハウスは東京にもたくさん物件があります

シェアハウスは東京にもたくさん物件があります

東京には、安心して暮らせる魅力的なシェアハウスがたくさんあります。性別や年齢を問わず誰でも入居できる物件はもちろんですが、女性専用の物件も数多く存在しています。たとえば、鍵付きの個室が用意されていて、プライベートな空間をきちんと持てる女性専用の物件があります。入居者以外は立ち入り禁止にしている物件もありますので、東京でより安心感を持って暮らしたい女性にも適しています。また、シェアハウスなら生活するにあたって最低限必要な家具や家電が揃っていますし、エアコンもあります。そのため、入居する際に必要な家電を買い揃える負担がかからず、経済的にも安心です。また、敷金や礼金、保証料、仲介手数料などの費用は一切かからないので、初期費用を徹底的に抑えて東京で新生活をスタートさせたいときにも適しています。ちなみに、駅から近い物件もたくさんありますから、通勤や通学の際に不便に感じることもなく、快適な毎日が実現します。


合法的なシェアハウスを東京で人見知りしない場合は

シェアハウスは文字通りに共同使用する賃貸住宅となります。一般的な賃貸住宅は風呂や洗面所や調理場もすべて個室内となりますが、この建物では寝室以外は共同使用となります。しかし今の時代のそれは1960年代や70年代に存在していたような建物のイメージとは異なります。その時代の建物は寝室にも鍵がなくてプライバシーがない状態なイメージですが、今の時代の建物は個室である寝室にはカギがかけられるので、勝手に他人が個室に入り込むようなことはありません。また建物自体も現代基準で作られてるので耐震性や快適性は共用部分でも向上しています。これらの物件はほとんどは東京など首都圏に集中しています。そのため人見知りなどしない性格の人で少しでも家賃を浮かせたい、寂しい日々を孤独で暮らしたくない人には向いているともいえます。また一部では国際交流を目的として外国人留学生や旅行者と共同で使用する建物も存在しています。


シェアハウスに住む人が多くなっている東京の街

今、一軒の賃貸住宅に複数の人が、キッチンなどを共有しながら住むと言うシェアハウスが人気になっています。東京は勿論のこと、大阪などの大都市圏を中心にこの物件が増えていると言われます。そこには、空前の観光ブームと言うこともあり、たくさんの外国人が暮らすと言うだけでなく、日本人も高い敷金などを避ける意味からでも、このシェアハウスを利用する人が多くなっているようです。一般的な賃貸住宅とは全く違い、リビングやキッチン、バス・トイレ等においては住む人全員で共有することになります。そして独りになれる場所と言えば、ベッドルームだけと言うシステムが多くなっています。人気の理由には、入居が簡単なことが言えます。敷金・礼金などが必要なく、保証人もいりません。入居時に、保証金を払うだけで済むことになりますので、入居費用も安く終わることになります。生活に必要な物は、おおよそ揃っている上、布団なども備えられていることも人気の理由と言えるのでしょう。

次の記事へ